読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃぼママどたばたブログ

子育て世代の生活

スポンサーリンク

雑記【イラストボランティアをしました】

雑記

Twitterでの出会い

最近Twitterでの一期一会に感謝することが多いわたしです。

先日も偶然タイムラインでステキなつぶやきを見つけました。


それは、とある学校の先生が授業で使うイラストを探しているという内容でした。

すぐに「手伝いたい!」と思い連絡を取りました。

やってみたかったこと

色々なボランティアをしてみたいなぁと言う気持ちが私にはあります。

仕事にはできないけれど、ボランティアとしてならお手伝いできることが沢山ある!

そう考えています。

イラストのボランティアもその一つでした。

「どのようにデータをお渡ししたらいいのか」
「イラストのサイズはどのくらいが適当なのか」
「そのイラストに対して見合った対価はどのくらいなのか」

基本的な事が分かっていないのと、
技術面で責任持って仕事を受けられるほどではない。

イラストの仕事を受けてみたいけれどなかなか踏み出せなかったのは
レベルがまだそこまで行っていないというのが大きいです。


だけど、それをボランティアでできたらどうだろう。


自分が不慣れな事も相手に伝えられるし、
お代を頂かない分、ほんの少し責任も少なくなります。

チャレンジすることで自分が実際にイラストの仕事を受けた場合、
どのくらいのスピードで仕事をこなせるのかも知ることができるし、
相手とのやり取りの方法も学べるのでは。


そして何より今回のお相手は正に「作画をしてくれるボランティアを募集している」と
ハッキリ明記されていたので
お代を頂く気が無い私にはピッタリでした。

全部で5カット。描くうちに得たこと

イラストを5カット描く事になって描いているうちに分かったことは

  • お題がある絵の方が描きやすい
  • 集中して描く事で、学生時代どうやって描いていたのかよみがえってくる

この二点です。


普段ブログのイラストはコソコソ描いているけれど、
今回は納期があるのでコソコソ…ともいかず。

家族に打ち明けて日中集中して取り組ませてもらいました。


まだデジタルに慣れていないので時間がかかるのですが
数をこなしていくうちに
今まで使っていなかった機能を試したり、
どうしたら時短できるのかと工夫したり。


ボランティアで描かせてもらってしかも自分の勉強にもなって。

一銭にもならない仕事を引き受けるべきではない
そういう人もいるかもしれませんが、

私としては5枚ポスターを描いてコンクールに応募したような感覚なのです。

そして、描くたびに新しい発見や試みができたので

得るものがとても多かったです。

反省点

受けてみて、自分の出来なさを再確認しました。

描き直したい箇所ばかりでしたが、
納期を守ることと
「雰囲気が伝わればよいので」という言葉に甘えて
ほとんど下書きに色塗りしたような感じになってしまいました。

対価を得ないという事は、
責任が少ない。

それで自分にも甘くなってしまうということに気が付きました。

今後のこと

どさもんが幼稚園に入園して落ち着いてきたら、
イラストの仕事を受けられるサイトに登録しようかなと思っていました。

でも、もう少し考えたいなと気持ちが変わりました。

まずは色々描きまくって練習する時間を設けたいと思っています。


と言いつつ、実はブログ仲間からイラストの依頼を受けているので
その依頼に全力で取り組むことになりそうです。


最後に。



ゆず姉さま、本当にありがとうございました。

ゆず姉さまは中学の通級学級で先生をしておられます。
子供たちのために、日々工夫されて授業を行っていて、ツイートを拝見しているととても勉強になります。

少しの工夫と手助けで、グングン学習面が成長する。

それは、普通級の子も同じことだなぁと、ゆず姉さんのツイートにはいつも気づきを得られます。

お渡ししたイラストで気に入っているカットを紹介します。

こんな絵を学生の頃沢山描いたなぁ。


f:id:ryutan613:20170121075050j:plain



ーーーーーーーーーーーーーーー
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族


お問い合わせフォーム

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




amzn.asia

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

スポンサーリンク