読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃぼママどたばたブログ

子育て世代の生活

スポンサーリンク

雑記【ドラッグストアの証明写真で困っていたマダム】

ちゃぼちゃん(年中4歳)は、スイミングスクールに通っています。

ちゃぼちゃんを送り届けて、見学席で飲み物でも飲んで待とうと近くのドラッグストアへ。

自販機を見ると、飲物100円?!

え!100円!

安くて嬉しくなって、飲みたいものがあるか吟味しましたが、なかなか良いものがなく。
別の場所にも自販機があるので、そちらに移動しようとしたときです。

証明写真の撮れる機械の所で、出たり入ったりしているおば様がいました。

なんだか困ってるみたいですが、とりあえず私は別の自販機へ。

そちらの自販機にも飲みたいものが見当たらず…。

先程のおば様も気になるので元の自販機前に。


するとやはり、そのおば様はまだウロウロ出たり入ったりしていました。

私、こういう人を放っておけません。

ここで声をかけなかったら、多分今晩眠れません。

こういうのって、人のためではなく自分のためですよね。

どうされましたか?と尋ねると、やはり操作が解らなかったとのこと。

手順を確認しながら私が操作をしてあげました。

おば様は履歴書用に、美肌モードで撮影を希望されていました。


ちゃんとした写真館だと、1500円プラス写真代くらいですかね。証明写真。

でも、機械で撮影したら、美肌モードでも900円ですからね。

おば様が撮影し終わったら、きっと感謝されてしまうと思い、そそくさとその場を離れました。

ちゃぼちゃんのレッスンが始まる前に席に着きたいのに、おば様に捕まっている訳にはいかないので。


証明写真の機械、良くわからなくて戸惑う方は少なくないでしょうね。

もう少し、分かりやすい操作方法だといいと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

スポンサーリンク