ちゃぼママどたばたブログ

借りぐらしのちゃぼファミリー

スポンサーリンク

海外育児【読み書きの不安】

2017年夏、夫の海外転勤に伴い家族で渡米。

ちゃぼちゃん 七歳 男の子
どさもん 四歳 女の子

----------------------------------------------------------------------

日本語の基本の「き」

我が家の4歳児どさもん、
ちゃぼ君に比べてお勉強面はさっぱりです。

我が家はじぃじがどさもんをお風呂に入れてくれていたのですが

「ちゃぼ君は毎日あいうえお表を指差して教えてあげたら2歳で読めた」
「ちゃぼ君は数字の表も理解が早くて年少で数字が読めた」

と、じぃじに指摘されるほど。

せっかく公文のお風呂に貼れる表が貼ってあるのに、どさもんは知らんぷりでした。

おふろでレッスン ひらがなのひょう

おふろでレッスン ひらがなのひょう

どうしよう。
日本語の基本中の基本、ひらがなも読めないなんて…!

そもそも興味がない

どさもんはちゃぼ君と違って、
文字なんか興味がないのです。
数字なんてどうでもいいのです。

一人で絵本が読めなくたって
誰かに読んで貰えばいいじゃない。

数が数えられなくても、お皿に沢山入っているか、少ないかが分かればそれでいいわ!

両手に飴を1つずつ持っていて、
あなたに1つあげたら。
片手にまだもう1つある。
答えはあなたと私が笑顔になるって事!


どさもんは正しい。
彼女は4歳児をただ真っ直ぐに楽しんでいるだけです。

そもそも年少で読み書きができる子の方が少数派ですよ。
幼稚園でも読みなさい、書きなさいなんて指導しません。
(ごくごく一般的な園ですよ。勉強に力を入れている所だと、年少クラスでも持ち帰って進めるドリルがあって、宿題として沢山文字を書かせる所もあります)

アメリカで読み書きが身につくの?

ハッキリ言って、日本語幼稚園に通わなければ家庭で教えて行かないと絶望的だと思います。

そもそも生活していて自然と身に付いて行くのも、周りに日本語が溢れているからです。

海外に来てしまったらスーパーも英語、おもちゃも絵本も英語。

現地の幼稚園で習うのはアルファベットです。


日本語小学校の幼稚部に入れるのは、私の地域では年長からです。
幼稚部では読み書きが中心です。
それまでに家庭でクリアしておかないと、幼稚部で過ごす時間が苦痛になってしまいます…。

こどもちゃれんじに託すことに

漫画にも書きましたが、ここはひとつしまじろうさんと共に頑張ってもらおうと。

私が躍起になって指導しようとしても全然興味を持ちませんが、しまちゃんの言うことはすごくよく聞くんです。

しかもこどもちゃれんじは決して背伸びさせません。
その年齢に会った教材が毎月届くのは親にも子にも負担が少なくてありがたい。

ちゃぼ君がずっとちゃれんじを続けているので、おさがりはいっぱいあるのですが…

海外で楽しく学ぶには
『自分の為の教材が毎月届く』
と言うのが効果的なのでは?
そう思って決めました。

しまじろうと おおきなき

しまじろうと おおきなき

↑おおきなき、歌がとても良くて好きです。とにかくしまじろうに感動させられます。

現在

アメリカに来て7ヶ月、ちゃれんじパワーでひらがなは半分以上読めるようになりました。数字も10までは数えて正しい数字を見つけられます。
お勉強だけでなくてマナーだとか、思いやりだとかも日本語で見聞き出来るので、受講してよかったなぁと思っています。
後1年で読めて、書けるようになりますように。
書ける、というのも見本を見ながら出来れば十分です。

英語は現地幼稚園で自然と学んでくるので、
私はうちの中でしまじろうとタッグを組み
今後もサポートしていきます。

どさもんも心配だけど
ちゃぼちゃんも心配。

書き取りが大嫌いなんです。

漢字はもちろん
ひらがなも気を抜くとぐにゃぐにゃ。

マスの中央に!
バランスを思い出して!
少し小さめに!

横でヤイヤイ言ってようやく綺麗な字が書けます…。

マスが無いノートだと大きさがバラバラ。
前の文字とくっつきすぎて合体してしまったり
大きく書きすぎたり。

これは日本語だけではなくて英語も全く同じで
アルファベットが紙の上で団子になったり踊りだしたり…。

合わせてサポートしていかなくてはいけません。

渡米②【船便って何?!持って行けるもの、行けないもの】

 船便って何? 

 

f:id:ryutan613:20180312231241j:image

 

駐在員マニュアル的なものを夫の会社は用意していて、色んな情報がぎっちりと書かれていました。

 

その中でまず、船便という言葉に目を止めた私。

 

引っ越しを経験したことが少ないのと、無知なのとで意味が分からなかったのですが

まず本人と手荷物、それと一緒に飛行機に預けられる荷物で現地に旅立ち

その後航空便(エア便)が2週間後に到着。

この航空便にももちろん食品はNGなのと

重いものや大きなものは控えた方が無難です。

 

最後に沢山の荷物が船便で届くのですが、これが2ヶ月くらいかかります。

 

私はその船便の中に腐らないものなら食品を入れられると思っていたので、

マニュアルを読んでガッカリしました。

 

アメリカには食品は一切ダメだったのです。

 

インスタントラーメンだとか、顆粒ダシだとか、乗せられないなんて…

 

じゃあ食品は持って行けないの?

 

いいえ、細かい規制はあるのですが、食品を持って行く方法はあります。

 

一番初めの自分が乗る飛行機に預けられる荷物。

この中に食品が入れられます。

 

キャリーケースの中、

それとプラスしてダンボールの中。

 

もしビジネスクラスに乗ることが出来るのなら

当然預けられる荷物は増えます。

 

それでも重さやダンボールの大きさが決まっているので

「これだけしか入れられないのか…」

と、ガッカリしてしまいました。

 

何をどのタイミングで送るかが大事

 

渡米に向けての荷物の作り方ですが、

手荷物と預かり荷物には現地ですぐにいるものを

(着るものや、普段使っているものですね)

 

その後2週間ほど待てば届く航空便には有ると助かるもの、嬉しいものを

(手荷物に入りきらなかった、季節に合った衣類、趣味のもの、掃除用具など)

 

船便には2ヶ月届かなくても困らないもの

(シーズンオフの衣類、思い出の品、ストック用の文房具や化粧品など)

 

このように

届く時期を考えてイメージしながら荷造りをしなければ

渡米先でかなり後悔する事になります。

 

例えば子供達のお気に入りのおもちゃを船便に乗せてしまったら…

2ヶ月そのおもちゃは手元に届きません…

 

我が家は子供達のメンタル面をサポートする事を優先し

預かり荷物にも数点おもちゃを、

航空便には優先しておもちゃとちゃぼ君のランドセルや勉強道具を詰めました。

 

その分子供の衣類は現地で調達すると決めて、お気に入り以外はほとんど処分してしまいました。

 

アメリカに着いてからも

「寂しい気持ちを物で満たそうキャンペーン」

を行い、

大事な仮面ライダーベルトやリカちゃん人形が届くまでの2ヶ月間を埋めるため

本当に沢山のおもちゃを購入しました。

 

とにかく子供達が

「アメリカに来て楽しいな」

と思えるように。

 

与えすぎなくらい買いました。

 

これは我が家の考え方なので賛否両論なのはわかります。

 

でも、小さな心が異国の地で寂しくて震えるのだけは避けたくて。

 

アメリカのおもちゃすごいね、楽しいね!

 

アメリカのお店すごいね、楽しいね!

 

アメリカのレストランすごいね、美味しいね!

 

とにかく「凄いぞアメリカ」を唱えまくりました。

 

最後に

話がそれてしまいましたが、

船便に食品が乗せられないと知らなかったよ、とほほ、という体験記でした。

 

渡米荷物についてはまた詳しく、どんなものを持って来たのか書こうと思います。

 

 

↓渡米してからの記事 ①はこちら↓

www.chabodosa.click

 

雑記【2017年もありがとうございました】

年の瀬ですね

 

アメリカではクリスマス前から休みに入るため、すっかりどっぷりだらけきって生活しているちゃぼ家です。

 
f:id:ryutan613:20171230042746j:image

先ほど海苔巻きでも作るかと思ったら巻き簾が見つからず。

煮物を作ろうとしたら干し椎茸がスライスのものでした…。

 

日本はクリスマスが終わったら急いでお正月の準備ですね。

ツイッターのフォロワーさん達が

やれ大掃除がー

やれ年賀状がー

と忙しそうにしているのを見ていて、

 

そうだ、ちゃぼ家もお正月を過ごさなくっちゃ…

 

と焦り出す私。

 でもアメリカで何をどうする?

 

毎年年末は30日に餅つきをして、31日は年越し会場へ合流するために持ち寄り料理を作っておせちの準備をして。

 

1日は日中おせちの仕上げをしてその夜からおせちを食べる…。

 

2日3日は実家に親戚が集まったり買い物に行ったり。

 

しかし、アメリカでは一緒に餅つきをする仲間もいなければ道具もないし、2日から仕事が始まってしまうし。

 

それにうちに来てくれる親戚もいません。

 

「いつもの年越し、お正月を過ごす」

というのは実際問題難しい。

 そこで得意の前倒し

 

それでもお正月を楽しみたいので、

29日の夜からおせちを食べて、

30日はできればホームベーカリーでお餅を作る。

31日は朝から唐揚げを揚げて

リアルタイムで紅白を観ながら

お昼には日本時間に合わせてお蕎麦を食べよう!

 

これならおせちを食べ切ることができるだろうし、

日本の友人達と一緒に年越しもできる!

 問題発生

 

しかし買い出しに行った先に

鳥もも肉の皮付き骨なしが売っていないという緊急事態が発生。

 

アメリカでは鶏むね肉が好かれていて、

もも肉も売り場にはあるものの

皮がはいであったり

骨付きのままだったり。

 

二週間前に確かに同じお店で

日本でよく見る状態の鳥もも肉が売っていたのに。

今日に限って骨なしが売っていない!

 

骨を付いているものを調理するのはすごく時間がかかるので

なるべく骨なしがいいのに…

 予定変更

 

そこで、

30日にもう一度鶏肉を買いに行ってみて

骨なしが売っていなかったらちゃぼパパが頑張って骨を取り除く作業を引き受けるということになりました。

 

さて、骨なしの鶏肉は手に入るでしょうか。

 

最後に

 

そうです。

実は今おせち作りの真っ最中。

こんな事をしている場合では無いのですが、

現実逃避中です。

 

大根やサツマイモなど買い忘れた食材がちらほらあるため、どのようにおせちを詰めようか思案中。

 

しかもお正月っぽいピックや飾りを持って来ていないのにも気付いて呆然としています…。

 

さて、もうひと踏ん張り。

 

皆さん良いお年を。

渡米①【私が準備中一番つらかった事】

渡米準備期間の話


準備中一番つらかったなと思うのは、
各種手続きです。

とにかく幼稚園、小学校、市役所、ちゃぼパパの会社、子育て支援課…。
などなど、あちこち行かなくてはいけませんでした。

それだけではなく

銀行関係やスマートフォン関連
友好関係
お世話になっているあちこちへの挨拶回り。

やることはどんどん膨れ上がっていきます。

元々銀行回りも市役所の手続きも苦手なのに
それを一人でこなさないといけませんでした。

言えないストレス

ちゃぼパパは春に先に駐在先へ行っていて、
私はちゃぼ君の学校のこと、
どさもんの幼稚園のことでも
あれこれ心配しながら手続きを進めないといけませんでした。

ちゃぼ君は小学校へ入学して間もなかったし
どさもんも幼稚園に入園たてで…

そう、入園入学が被っているのにそこに渡米準備も重なってしまったのです。

入園入学したてで子供達をフォローしたり
新しくママ友と繋がったりしながら

「実は夏にはアメリカに行くんです」

と言い出せず。

言えないストレスも大きかったです。

眠れなくなる

•苦手な手続きを進めないといけない
•人付き合いをしながらアメリカ行きを告白出来ずにいる
•子供達は代わる代わる肺炎になる…

やらないといけないことは沢山あるのに、子供たちがマイコプラズマ肺炎になってしまって思うように行動できない日々が続きました。

残り少ない学校と幼稚園の生活が、体調不良で登校すらできず。

段々自分も風邪がスッキリ治らないような、常に怠く、熱っぽく、疲れている状態になっていきました。

「こんな体調ではあれこれ行く用事もうまくこなせない」

やることが多過ぎて混乱しているのに体調不良で1つずつこなすのも精一杯。

眠れない日々が続きました。

「とにかく寝ましょう!」

このままでは鬱だ。
というか、もう鬱状態だ!
辛い!

すぐに気付いてかかりつけの内科へ。

前にも不眠になった時に相談に行ったので
また薬を飲んだらきっと良くなると思って
ダメになる前に自分で病院へ行きました。


ここの先生はいつもよく話を聞いてくれます。

私は今辛いことをいっぱい話しました。

「それは自律神経が乱れちゃってるね」

「焦ってるし、心配事も多いし、風邪は治らないしって気になることが沢山ありすぎるもんね」

「お母さん、いい?まずちゃんと眠れるようにしよう。大丈夫。この薬は強いものじゃないしきっとすぐにたっぷり眠れるようになるから」


そう言って睡眠導入剤と
自律神経系に効く漢方を処方してくれました。

思い出すと未だに辛い

当時の振り返り作業で一番辛い記憶をたどってしまった。

プレッシャーって良くないですね…。


この時実は渡米時期が定まらないという
自分にはどうにも出来ない問題がちゃぼパパ側にも発生していて。

アメリカで住む家を自力で確保しないといけないのですが
(これは会社によって様々ですが、ちゃぼパパの会社の仕組みは自力交渉でした)
家の契約が全く上手く行かず。

家が決まらないと渡米日が決められないのです。

渡米日が決まらないから
私も周囲に渡米の話が出来ない。

ただでさえジメジメとした梅雨の時期を
輪をかけてどんよりとした気持ちで過ごしていました。


そりゃ眠れなくもなりますよ…。


サブタイトルの事

前回の記事でサブタイトルを
借りぐらしのちゃぼファミリー
にしようかなと相談しました。

思いの外好評!

嬉しい!

早速ブログ説明欄を変えてきました!

心機一転!

タイトルのイラストも春になる頃にはきっと差し替えます。

予定は未定…



それでは!
See you!!

ご挨拶【心機一転!?再スタートです】

長らくブログをお休みしていました
kao@ちゃぼママです。




f:id:ryutan613:20171223131316j:plain

なかなか戻って来れませんでした

ざっくり説明しますと、
ちゃぼパパのお仕事の都合で
一家でアメリカで借り暮らしのちゃぼファミリー
(無理やり感)
というわけでして。

渡米前にも書いていますが、まぁ、身体的にも精神的にもギリギリで渡米してしまいまして。

先ずは生活に慣れること。

自分を労ること。

子供達の環境を整えること。

それらに重きを置いていました。


その間もブログの事はすごく気になっていました。
支えてもらっていた読者様を裏切っているような後ろめたさもありました。

しかし再開するならイラストをちゃんと入れたい!!と思っていたからいつまでたっても目処がたちませんでした。


なぜなら自分が没頭してイラストを描ける時間がどこにも見当たらなかったからです。

毎日のタイムスケジュールはまた追々公開します。

先ずはまたボチボチはじめますのご挨拶を。


そしてサブタイトルを
「借り暮らしのちゃぼファミリー」
に決定してもいいのかどうか、
地味にアンケートを取りたいなと思います。


誰にも
「アンタそんなの止めときな」
と、言われなかったらこのまま行きます。



それでは!
See you!

育児【夏休みちゃぼくん語録①】

カブトムシがやって来た

f:id:ryutan613:20170724205054j:plain



f:id:ryutan613:20170724205100j:plain



f:id:ryutan613:20170724205106j:plain



f:id:ryutan613:20170724205115j:plain

一年生男子、面白いです

前から面白い事を言い出すちゃぼ君でしたが、一年生になってますます饒舌になっています。

私に余裕がなくて聞き逃してばかりいる今日この頃。

でも今日のちゃぼ君の言葉にはキュンキュンしてしまいました。

鮮度がいいうちに鉛筆描きでメモしました。

おまけ 駐在通信

何も報告できないくらい難航中です。

もう開き直って日本の夏休み満喫中です。

でも、学校でも幼稚園でもさよなら会をしていただいたので、二学期になる前には日本を旅立っておきたいです…。

かいけつゾロリ30周年 うちのちゃぼ君の場合

長男ちゃぼ君 読書家への道

もうそろそろ我が家のアメリカ生活編が始まるのではとお思いでしょうが、

だがしかし。

ただいま前途多難な状況になっておりまして。

いや、心配していたちゃぼパパの体調は別段問題なく。

休みには駐在仲間とプチ旅行をしたり、美味しい日本食レストラン探索にでかけたり。

心配要りませんね、不自由な事は多いだろうけれどめげずに生活しています。


しかし、どうにも渡米時期が決まらない…。

仕方がないので日本で進めたい事の一つ、
ちゃぼ君を読書家にしよう!計画を実行しております。

なぜ、読書家になってもらいたいのか

ズバリ、日本語に親しむ土台を作るためです。

“アメリカへ行って英語ペラペラなんてうらやましい”

そんな風に言う人もいますが、英語ペラペラ、だけでははっきり言って危険なのです。


何が危険なのか

母国語をおろそかにして、英語が主になってしまうと

帰国した時に日本語でつまづいてしまうのです!


英語で覚えた言葉を、頭の中で日本語に変換出来るのは母国語が完成している年齢のみです。

まだ小さなどさもんとちゃぼ君。

二人はまだ母国語が完成していない状態です

大体10歳位で母国語は完成するそうです。
確かに10歳なら漢字さえ読めれば興味がある本ならスラスラ読めると思います。

アメリカで暮らしながら日本語を学ぶ難しさ


ちゃぼ君もどさもんも、月曜日から金曜日は現地校、現地園へ行きます。

平日英語のシャワー、英語漬けです。

土曜日、ちゃぼ君は小学一年生なので【日本語学校】で1日過ごします。

どさもんはまだ年少さんなので家庭で過ごします。


ちゃぼ君は週に1日、たった1日しか日本語で学べないのです。


ちゃぼ君が平日英語漬けになっている時に日本のお友達は日本語で学び続けています。

週に一度だけの英会話教室では、何年かかったらネイティブになれるのかしら。

そう考えたら、

週に一度だけしか日本語で学ぶ事が出来ないというのは日本式の学習面でも、母国語の獲得状況としても、危機的な環境だとわかると思います。

そこで【ちゃぼ君読書家計画】です

私たち親が日本語で朝晩語りかけ、日本語を使う環境を作るのは勿論ですが、

日本語の本を読むこと、日本語で言葉の意味を理解して行くこと、

それが自ら楽しんで取り組めたら最高!

そう思います。


でもまだまだ一人で長編を読むのには慣れていないちゃぼ君。

絵本を読み聞かせるだけでは言葉の言い回しや出てくる単語に限りもあります…。

何か、本が読みたくなるキッカケは無いだろうか。


男の子向けの本を母親が探すという限界


私は小さな時から本が好きだったので色々読んできましたが

男の子ウケする本って何だろう

それが全くピンと来ないのです。


探偵もの?
小学一年生が読むには難しそう

おばけや怪物?
色んな種類が出ているけれど、どれが読書初心者向きなのかエピローグだけ流し読みしてもピンと来ない

冒険…海賊…

読書が好きな子に薦めるにはいいな!と思うけれど、これから本を好きになってもらいたい子 へは少し難易度が高い…。

図書館や本屋さんで色々手に取りたどり着いた【かいけつゾロリ】でした。

この本は本当にすごい。

まず、文も魅力的だけれど挿し絵が豊富。

四コママンガの様になったり、迷路だったり、クイズが出て来たりあみだくじになっていたり。

絵本と本との良いとこ取りだと思います。

イラストが多いということは、読破に時間がかからないという事です。

30分から一時間程度でちゃぼ君は読み終わってしまいます。

読み終わって見向きもしないかと言うとそうでもなく、イラストを中心に何度も見返していて「どこかに見落とした面白い場面は無いかな?」とちゃぼ君は何度も楽しんでくれます。


うちの子は特に
イラストが豊富、そのイラストも細かく、クイズや迷路になっている点

それらが飽きないポイントになっているのかもしれません。

今かいけつゾロリシリーズを買うとお得!

今年度はかいけつゾロリ30周年と言うことで様々な企画がされています。

7月5日に発売された
「かいけつゾロリのかいてい たんけん」は、
なんと!

f:id:ryutan613:20170705221814j:plain

ジャーン!


f:id:ryutan613:20170705222015j:plain

フィギュア付きです!
初回限定盤のみです!!


f:id:ryutan613:20170705222055j:plain

↑こんな感じで入っていました。



そしてもう1つ。



f:id:ryutan613:20170705222130j:plain

↑こちらの応募券に必要枚数シールを貼ると、
応募者全員にプレゼントがもらえます。

今年度だけの企画です!


ちゃぼ君は三枚シールを集めたので
ラバーキーホルダーが欲しいと言っていました。

応募シールは対象のかいけつゾロリシリーズの本に付いていますので
よく確認して買うことをオススメします。

ゾロリの魅力は?

我が家のお調子者ちゃぼ君に

ゾロリの本は、なぜ面白いのか

聞いてみました。


『ピンチに活躍するところ!』


即答でした。


必ず『かいけつ』するのがいいのでしょうね。


そして、冒険、仲間…。

今の所、夢中で読んでくれる物語は
かいけつゾロリだけです。

一人ですすんで読みたがるのはかいけつゾロリなのです。

普段は図鑑(しかも仮面ライダーとかウルトラマンの分厚いやつ)ばかり読んでいるちゃぼ君ですが、

  • ギャグテイスト
  • 分かりやすい

これに尽きるのだろうと思います。


アメリカで日本語に親しむのはマンガでもいいそうなので、
ちゃぼ君によさそうなギャグマンガも何冊か用意して行くつもりです。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});