読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃぼママどたばたブログ

子育て世代の生活

スポンサーリンク

育児【蜂蜜採蜜教室に参加して来ました】

育児

三連休の初日ははちみつの採蜜教室に参加して来ました。

浜名湖周辺ではとても有名なはちみつ屋さんで、私もよく買い物に行きます。

ここのはちみつはあっさり系があって、私は好きな味なんです。

お料理にはもちろん、とろけるチーズをのせてトーストした食パンにたっぷりかけてハチミツトーストにして食べたり、
喉が痛い時にスプーンに1杯舐めたりしています。

そのハチミツ屋さんでハチミツを採る体験ができるということで早速連絡してみました。


はちみつ専門店 長坂養蜂場|通販サイト

f:id:ryutan613:20160723135333j:plain

三歳のどさもんもオッケーが出るとは思っていなかったので、
参加できることになって嬉しかったです。



まずは採蜜についてのお勉強です。

f:id:ryutan613:20160723124834j:plain
スライドが始まると、影絵遊びがしたくて立ち上がるどさもん。
ちゃぼちゃんが必死に座るように捕まえてくれていますが、
ちゃぼちゃんも手を上へ伸ばして影絵遊びをしてました。
影絵遊びを家でたっぷりしてあげていないからいけなかったなぁと反省。

やってみたい遊びは我慢するのが難しい、どさもんとちゃぼちゃんです...。
(こどもちゃれんじに影絵遊びの回があって、それで二人とも影絵に興味を持っていたみたいです)

ミツバチについてお話を聞いている時、
「刺されたらすぐに針を抜きましょう」と言われました。
すかさず
「どうやって抜けばいいの?」
と質問したちゃぼちゃん。

「手で引っ張れば抜けるから大丈夫」と答えてもらえました。


スライドが終わるといよいよハチの巣箱へ移動します。
みんな、網が付いた帽子を渡してもらって、付け方を習いました。
f:id:ryutan613:20160723124845j:plain
記念にパチリ!
「はちみつー?」
「だいすきー」
の掛け声で撮影して、とても楽しそうなちゃぼちゃんでした。
どさもんはマイペースにポーズしていました。

巣箱ははちみつ屋さんの店舗の中庭に用意してあって、
買い物中のお客さんも一緒に見学することができます。

普段もこの中庭にはミツバチがいて、忙しく飛んでいる様子を見ることができます。
f:id:ryutan613:20160723124859j:plain
巣箱から一枚引き出して、おにいさんが子供たちに説明をしてくれています。


f:id:ryutan613:20160723124915j:plain
一人ずつ持たせてくれて、保護者の方に向けて記念撮影をさせてくれました。
結構ずっしり重さがあるのですが、
ちゃぼちゃん余裕の表情で持っています。

ハチが怖くてパニックになったらどうしようかなと心配していましたが
全く怖がっていませんでした。

スライドで「逃げたりはたいたりしたらいけないよ」と学んだため、
ハチが服に止まっても焦らずにおにいさんにはけで取ってもらっていました。

どさもんはハチの巣箱には興味が無く、奥の方で自由に遊んでいました。

スタッフさんに
「小さい子は泣いてしまう子がほとんどなので、どさもんちゃんは立派です!」
と褒められました。

私も、ビックリです。
付き添わないと入れないだろうと思っていたけれど
スタッフのおねえさんに抱っこして貰ったり、
相手をしてもらって楽しそうでした。


f:id:ryutan613:20160723125024j:plain
お部屋に戻ってはちみつを絞ります。
木の板に作られたハチの巣の表面を包丁でこそげ取るのですが、
スタッフの人にフォローしてもらってちゃぼちゃんにもできました。
(写真撮り忘れました…)

どさもんは私が手を添えて一緒にこそげ取りました。

表面を削ったら、この↑はちみつを採る機械にセットして
レバーを回してはちみつを採ります。

ちゃぼちゃんは機械がガタガタ揺れるのを押さえるお手伝いをしています。
(手伝いながら、つまみ食いをさせてもらっていました)


f:id:ryutan613:20160723125041j:plain
みんなでワイワイ採蜜体験をしているうちに、スタッフさんがホットケーキを焼いてくれて、採れたてのはちみつをかけて食べました。

これは幼児にはちょっと多いので、
私もちゃぼパパも食べるのを手伝いました。

採れたてのはちみつはネットリ濃厚!!

自然の甘さを楽しみました。


f:id:ryutan613:20160723125057j:plain
帰りにはお店でおすすめのハチミツのプレゼント付きです。

ネームシールを貼ってくれた可愛い容器に、自分でストップを言って入れてもらいます。

採れたてのハチミツには不純物も多く、日持ちしないそうです。
採ってから、熱を加えて不純物を取り除かなければいけないので、
持ち帰れませんでした。

だからたっぷりホットケーキにかけて食べさせてくれたんですね。


f:id:ryutan613:20160723125106j:plain
はちみつたっぷり入れてもらって嬉しそうなちゃぼちゃんです。


やはり、小学生が多かった採蜜体験。

でも、どさもんのように三歳でも快く受け入れていただけました。

一人1500円でした。


素敵な体験をして、おみやげつきなので、
私はとってもお得だなーと感じました。


またどさもんが年長さんになったら参加しようかな!

あ、でも、こういう事はずっと覚えているちゃぼちゃんです。
きっと来年も「行きたいよ」と言うんじゃないかな。


スタッフの皆さんとても優しくて親切でした。
やりたい放題のちゃぼちゃんたちで申し訳なかったです。
ありがとうございました!!


楽しい体験ができた三連休初日でした。

                                                        • -

ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児【年長学期末の面談に行ってきました】

育児

ちゃぼちゃんの面談が終わりました。


正直、どんなことを言われるのだろうか。

園長先生が担任と座っていたらどうしよう、

そんなことばかり考えて憂鬱な日々でした。

↓こういうことがあったので…。
www.chabodosa.click
f:id:ryutan613:20160721231354j:plain
f:id:ryutan613:20160721231624j:plain


もうね、ほっとしたけどまさかの露出…。


でも、確かに家でも面白がって見せたりしていたんですよね。

それを園でもやっているとは思っていなかった私。

つくづく、ちゃぼちゃんってあんまり恥ずかしいとか、褒められたいとか、
優等生になりたいっていうタイプではないよなぁー。

そう思いました…。



まさかクラスに良くいる
見せびらかせて女子をキャーキャー言わせる奴
に、自分の息子がなるとは。


これで夏休みに入るので、落ち着くのか、どうなるのかなーってところですね。

担任の先生にそう言われました。


もちろん、家で厳重注意しておきました。

今の所外出先ではやらないので、家の中と園でだけの行動みたいです。

ちゃぼちゃんは園でのびのびできている証拠かな、とも思います。

でも、やらない方がいいことだよ、やめとこう。

そう伝えておきました。




心配していたグレーゾーンの事はおおむねクリアできているみたいです。

ちゃぼちゃんがうっかりしていて次の行動に移れない。

そういう時がまれにある。

たまに、声をかけないとこのままだと気づかないなーって事があるそうです。


でも、「ちゃぼ君、みんななんの準備してるかな?ちゃぼ君は何をしたらいいと思う?」
と声をかけると、

あ!

と気付いてその後の行動は素早く、活動について行けているとの事。


年中の時、活動と活動の間に「嫌だ、やりたくない」
とごねていたようなことは一切なく、

色んな活動に意欲的に取り組めているそうです。



そうだろうな、大丈夫だろうな、

そう思う反面、

それでも「困っている」「やはりもう一度医療機関に」
そう言われるのではとビクビクしていました。


面談が終わってホッとしています。

まだまだ気は抜けないけれど。




家に帰ってから、ちゃぼちゃんに大きな花丸だって言われた!!

と話すと

にこーっと嬉しそうな顔をしていました。

本人は園でとっても張り切って出来ている!という自信を持っているので、
その自信がどうか良い方へ行きますように。

私がサポートできることはなんだろうな?と、
私もアンテナを張り巡らせてちゃぼちゃんを見守りたいと思います。


*長くブログをお休みしていたのは、この間の三連休に向けてバタバタとしていたからです。
とにかく色々詰め込んだ三連休でした。
土、日、月、と、
思い出の記録もかねて順次アップして行こうと思います。

                                                        • -

ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児【三歳児の疑問】

育児

ある日のどさもんです。
f:id:ryutan613:20160715155740j:plain
f:id:ryutan613:20160715155818j:plain
絵柄が変わるくらい動揺したYO!




実はこの質問は二歳十か月頃からし出しました。

はじめはじぃじが質問されたらしいです。

「コップに入っているから止まってるんだよ」
と言っても納得していない様子のどさもん。


最近は
「でもさ、こうやってさ...」
とブツブツ言いながら身振り手振りで伝えようとしていて、
どうやらコップからこぼれたら水は平らになると言いたいみたいです。

                                                        • -

ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(もうすぐ3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児【島田市こども館「ぼるね」はとってもお得!】

ちゃぼパパはお休みの日にのんびりしているよりお出かけしたい人です。

この日も、起きて来て早々
f:id:ryutan613:20160713224404j:plain

静岡県の島田市に、良さそうな所があると言うので行ってきました。

島田市こども館『ぼるね』

島田市/こども館



f:id:ryutan613:20160713232210j:plain



JR島田駅から徒歩三分、古そうな建物に見えましたが、中はとてもきれいでした。
一階にはco-opが入っていて、そこで飲み物や昼食を買う事も出来ます。

co-opの中にもイートスペースはあるのですが、こども館にも飲食オッケーな場所を設けてありました。


ここの遊び場のすごいところは、
ボーネルンドの遊び場「キドキド」と施設がほぼ変わらないところ!


ボーネルンドのとても良い遊具が、二時間なんと大人200円、未就学児無料で遊べます。


f:id:ryutan613:20160713232244j:plain



f:id:ryutan613:20160713232254j:plain



キドキドの方がもっとたっぷり遊具やおもちゃがありますが、
なんといってもお値段がね...。

格安で、申し分ない遊びスペースで、施設もきれいで。

スタッフの方が大勢いるのも魅力です。



ちゃぼちゃんの様に夢中で走り回って、通ってはいけない場所を通り抜けた時にも
「危ないよー!」とすぐに声をかけてくれてありがたかったです。

本人全く耳に入っていなかったので、とっつかまえて
「ルールを守れない人には退場してもらいます」と
私が念を押しましたけどね...。



f:id:ryutan613:20160713232323j:plain
お魚釣り



f:id:ryutan613:20160713232346j:plain
ボールプール(伝わりにくいけれどすごく広い!)



f:id:ryutan613:20160713232444j:plain
これ、ハムスターっぽくて可愛い…



f:id:ryutan613:20160713232726j:plain
飲み物だけ持ち込めます。
この様にペットボトルに名札を付けられるように用意してくださっていて、助かりました。
どさもんには
「にぃちゃんのマークが目印だよ」
と教えたら自分で探して飲むことができていました。

手荷物はロッカーに預けます。
ポケットに鍵や財布も駄目です。
大人もルールを守るように入場前にアナウンスされます。




たっぷり遊ぶことができたので、また利用したいと思います。


キドキドが近くに無いので、この施設は本当にありがたい。

ボーネルンドのおもちゃや遊具が好きで、岐阜や東京まで遊びに行ったこともあったので...。
www.bornelund.co.jp


余談ですが、ボーネルンドのボードゲームやカードゲームが良さそうだなぁと毎回店舗で買おうか悩みます。
でも、ちゃぼちゃんはいまいち食いついて来ないんですよね...。
それよりも水路を作れる玩具が欲しかったみたいです。


島田市のこども館、素敵でした。
もしかしたら探せば、他の場所でも似たような施設があるのかもしれませんね。

                                                        • -

ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(もうすぐ3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


https://www.bornelund.co.jp/

お題【今も昔も好きなもの】

今週のお題「わたしの本棚」
f:id:ryutan613:20160709060908j:plain


お題を見て、思い浮かんだのは自宅の本棚ではなくて
図書館の本棚でした。


あまり身体が丈夫ではなかった私。

運動を小さなころから控えていたので外で遊ぶことが好きではありませんでした。

両親が過剰に心配しすぎて、外遊びをほとんどさせてもらえなかったんです。


歩けるようになってから、小学生になるまでにちゃんと外で遊ばないとどうなるかわかりますか?

『運動音痴』になるんです。


激しい運動を控えるだけで良かったのだから、

ボールの正しい投げ方、受け止め方。
走り方。
縄跳び、鉄棒。

運動の基礎をやり込むのではなく、楽しませて欲しかったな。

身体の動かし方を学ばないと、「やり方が分からなくてものすごくどんくさい子」の出来上がりです...。


すると運動嫌いになります。

ドッジボールのチーム分けで、「ちゃぼママちゃんを入れるチームをどっちにするか」を
二つのチームが話し合いをする...。


あのみじめさ、情けなさ。


でもね、「ちゃぼママちゃんど下手だから、仲間に入れてあげないよ!」とは
一度も言われたことがなかったです。

それが、救いかな。


脱線しましたが、運動音痴ちゃんはごく自然と本の虫へと成長しました。


小学二年生の時の担任の先生が「本を小学生のうちに千冊読めば、頭が良くなりますよ」と
話してくれたので、まんまと影響された私です。


絵本でも、図鑑でも、本なら何でもいいとの事なので(その先生のルールです)
さっと読める絵本を沢山読みました。

絵本も面白いけれど、そのうち難しい本も面白いなと気付きます。

難しいと言っても低学年の内は児童文庫を色々。

学年が上がってくると、恋愛物の児童文庫や、赤川次郎さん、夏目漱石や偉人伝。

持病があったので、小さな子の闘病記なんかもいくつか読みました。

毎週図書館へ通って、子供向けのゾーンをうろうろしてピンと来るタイトルを探していました。


図書館の本棚が、あの時の私の全てだったな。

図書館や本屋さんみたいに沢山の本棚をお家に作って、
いつか本屋さんの本を全部買いたいなぁ。

そんな夢もありましたね。


あんなに沢山読んだのに、心に深く深く刻まれているタイトルは少ないです。


小学生の私がずっと好きだった、
今の私ももちろん大好きでいる本。


その本は、愛蔵版を大人買いして、今家の本棚に入っています。


寺村輝夫のぼくは王さまはじめの全1冊 (寺村輝夫全童話)

寺村輝夫のぼくは王さまはじめの全1冊 (寺村輝夫全童話)



同世代なら、一度は触れたことがある作品だと思います。
国語の教科書に載っていましたから。

この「ぼくは王さま」シリーズは、私の心の中でとても大切な存在です。


色んな本を読んだけど、
繰り返し、繰り返し読んだ本はこれだけでした。

どういうわけだか、高学年になっても「また読みたいな」と手に取ってしまう。

分かりやすくておかしくて、いつもかわらないおかしな王さまが大好きでした。


王さまに影響されて、目玉焼きが好きです。


出会ったころから、今までも、そしてこれからも。
きっとずっと、私はこの王さまが好きなんです。


「ぼくは王さま」はアニメにもなっています。

アニメのテンポが子供達にはウケず、見せてみたけれど興味を持ってくれませんでした。


そして、私もアニメの読み語りがどうもしっくり来ませんでした...。(ごめんなさい)

自分の中で、王さまワールドが出来上がりすぎているんですね。

らっぱの音の読み方も、私の考えたメロディーとは違っていました(当たり前ですね)


好きすぎて、台本をおこしてペープサートを作ったことがあります。

あのペープサート、子供たちに見せてあげようかな。


本棚ではなくて、物置の大捜索をしなくては...!

                                                        • -

ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(もうすぐ3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児【ランドセル選び】

育児

f:id:ryutan613:20160705233003j:plain
f:id:ryutan613:20160705233027j:plain
f:id:ryutan613:20160705233100j:plain


青のランドセルが嫌だったわけではないけれど、
てっきり黒を選ぶと思っていたので...。

ついつい、黒ベースのランドセルを勧めてしまいました。

ちゃぼちゃんは
「青が使ってあるならそれでいい」
とあっさりオッケー。


お店に入って、ものの五分でランドセル選び終了しました。


ちゃぼちゃんは色とか形とかそういうこだわりは無くて、
とにかく一年生になれる喜びの方が大きいみたいです。


ちゃぼ家は池田屋のランドセルにしました。




ちゃぼちゃんはちびっこだし、軽くて丈夫なランドセルが良かったのと、
シンプルで飽きのこない物が欲しかったからです。

地元の老舗のランドセルなので、去年からここで買いたいと決めていました。

https://www.ikeda8.com/rand_catalog/



黒ベースに青い縁取りのランドセルは在庫が無くて、
いつ届くかわかりません。

でも、必ず入学式には間に合わせますと言われました。


早期特典でランドセルにイニシャルも入れてもらえるので、楽しみです。



ピカピカの一年生、不安もありますが、ランドセルを嬉しそうに背負っている姿を見て
とても楽しみになりました。

f:id:ryutan613:20160705235459j:plain
(画像はお借りしてきました)

お題【お金はあっても困らない❗】

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」
f:id:ryutan613:20160701233459j:plain


早速スマホで検索してみましたよ!
三歳児女児のどさもんに邪魔されながら...。
(スマホ触ってるとめっちゃ怒って止めにきてくれます。ありがと、どさもん...)


夢はそう!フロリダのディズニー!


ちゃぼパパが出張でアメリカへ行ったとき、フロリダのディズニーが
日本のディズニー行くくらいの時間があれば行けたと言っていました。


え!行けたなら、なんで行ってこなかったの?!

と聞いたら、

一人では行く気になれない!
しかも、ちゃぼママきっとひがむでしょ!

と言われました。

...。



確かにね...。





しかし、海外出張でアメリカに行くなんて事は滅多に無いのだから、
それなら行ってきて欲しかったです...。




ざっと調べてみましたが、どうやらめいっぱい遊ぶためには
f:id:ryutan613:20160701234039j:plain

そうなんです、百万円では足りなそうです。

足りるように行けなくもなさそうですが、
お金の事気にしないで遊ぶにはちょっと難しそうでした。


これは、本気で夢を叶えたいならちょっと今からがんばらないと...。



で、家族でフロリダは諦めましたが、
100万円あったらどうするか。


沖縄に行きたいな。

グアムもいいな。

北海道もいいな。


家族でまったり旅行に行きたいですね。



やっぱり「家族で」と考えてしまいますね。

                                                        • -

ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(もうすぐ3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村