読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃぼママどたばたブログ

子育て世代の生活

スポンサーリンク

育児【ガミガミ言い過ぎ?気づかされた一言】

育児

何気ない会話から反省することがあります

お出かけ前の一コマ。

「早く早く!」
「もう置いて行っちゃうよ!」

ついつい子供を急がせてしまいます。

いけないな、言いたくないな。

そう思うのだけれど、また繰り返してしまう…。

眠りにつく前に『今日の懺悔』を心の中でする毎日です。

でも、自分で分かっていて「ついつい」言ってしまっている。

そう思い込んでいました。

どさもんに気づかされました

f:id:ryutan613:20170222135957j:plain

そうなんです、
「靴が左右逆」と言うのを
普段は怒りながら言っていたみたいです。


どさもんが
「今日はママ優しい声!ありがとー!」
と言って

靴をささっと直していました。


怒らなくてもいいことを、私は怒っていたのです。

子供の気持ちになってみよう

わが子の心に寄り添ってみよう。

簡単なようで難しいです。

でも、ガミガミ言わなくてもいい事がもっと沢山ありそうです。


服から下着が出ていたら、
マスクを口に当てないであごに下げていたら。

「もう!またやってる!」
「どうしてまただらしがないの!!」


そんな風に言わなくても、

「シャツが出ているよ」
「マスクはお口にね」

そう言うだけで直してくれるのに、
私、毎日繰り返し言っているうちに
怒りながら言うのが普通になっていました。


怒られて従うのと
優しく声をかけられて気づくのと。

自分だったらどちらがいいかな。
どちらが身につくだろうか。


ガミガミママにならず笑顔でいられるように。

ハッとしたことで、子供への声掛けを少し意識するようになりました。



ーーーーーーーーーーーーーーー 
ちゃぼちゃん(年長6歳男の子) 
どさもん(おしゃまな3歳女の子) 
ちゃぼパパ 
ちゃぼママ 
じぃじ 
ばぁば 

我が家はみんなで6人家族 


お問い合わせフォーム 
 


にほんブログ村 

http://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asiahttp://amzn.asia/2uNgTLt

育児【ひなまつりオススメレシピ】

育児

今年も桃の節句が近づいてきましたね

f:id:ryutan613:20170212001518j:plain

みなさんどんなお祝いをしていますか?
お雛様たちのお膳も用意しているのでしょうか。

わが家はその年その年でやり方が違っています。
かなり適当です。

色々なルールがあるでしょうが、
なんとなくそれなりに祝うスタイルです。

それではどさもんの桃の節句を振り返ってみましょう。

まず去年の桃の節句です

f:id:ryutan613:20170211231719j:plain

去年はどさもんが大好きな餃子でお祝いしました。
真ん中には菜の花を塩ゆでしたものを無理やり突っ込んでいます。

後は大人が食べたかったのでグラタン。
いつもの生春巻き。
お供え用には三食ひし餅風ごはん。
f:id:ryutan613:20170211231748j:plain

薄焼き卵のお花を飾った塩むすびと、菜の花
ひし餅風のご飯は

一段目 青のりを混ぜたごはん
二段目 炒り卵を混ぜたごはん
三段目 シャケフレークを混ぜたごはん

(あれ、でも画像では炒り卵が確認できませんね…)

f:id:ryutan613:20170211231819j:plain

お吸い物ははまぐりが用意できず、
あさりのお吸い物になってしまいました。

薄焼き卵のハートを浮かべています。
ここにも菜の花。


去年は普段のご飯とあまり変わらないメニューでした。

どさもん一歳の時のメニュー

f:id:ryutan613:20170211232313j:plain

次はさらにさかのぼって2015年の時の様子です。

オムライスひなケーキを作りました。


☆作り方☆

オムライスを作る。
ケーキ型にする。

ケチャップで可愛くデコレーション。

塩むすびの土台に
かにかまの着物とスライスチーズの着物を着せる。

うずらのゆで卵の顔をつまようじを使って刺す。

顔パーツ、ハムで作っておいた小物を貼りつける。



あまりテクニックはいりません。
大人のサラダ用にゆでたエビと菜の花を付け足して飾りました。

f:id:ryutan613:20170211232321j:plain

フライドポテトとエビと菜の花のサラダ。

菜の花のサラダはとっても簡単。

オリーブオイル大1
塩こうじ 大1

これをエビと菜の花をゆでたものに和えて完成です。

大1、というのは一対一なら良い、という意味です。
量によって調整してください。

この年は、これにクラムチャウダーも作りました。


初節句は親戚も呼んで賑やかに過ごしましたが、
写真が見つかりません。



冒頭の二コマ漫画に「今年で三回目」と書いてしまいましたが
振り返ってみて気づきました。


今年で四回目ですねー!


みなさんはどんなお祝いをしていますか?

伝統的なお祝い料理も、
そろそろ作って見せてあげないといけないかな?

でも、やはり喜んで食べてくれるメニューになってしまいそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーー 
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子) 
どさもん(おしゃまな3歳女の子) 
ちゃぼパパ 
ちゃぼママ 
じぃじ 
ばぁば 

我が家はみんなで6人家族 


お問い合わせフォーム 
 


にほんブログ村 

http://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asiahttp://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asia

雑記【2017年手帳その後①】

雑記

手帳のその後

かわいそうなダイソーの手帳。



f:id:ryutan613:20170206221922j:plain



憎めないふくろくがポイントの私の手帳。


現在使われておりません


悲しいですが、今のところ不要です

不用品になった原因

私の手帳は家族共有ではない事が使われない一番の原因です。


幼稚園の行事にはなるべくどさもんをじぃじ達に預けて
ちゃぼちゃんだけに集中出来るようにしています。

そのため園の用事はじぃじばぁばも把握する必要があります。


どさもんを預からないといけないのかそれともどさもんも連れて行くのか。


これを手帳に書いて、更にリビングの卓上カレンダーにも書いて。

完全に二度手間…

個人的な予定があまり無い

そもそも自分が幼稚園と小学校の予定でパニックになりそうだからと用意した手帳です。


今はどさもんが園へ行く前だからじぃじ達に頼むことも多いですが、
きっと春からは私が把握していたら済む予定も増えると思います。


でも今は、私だけに関する予定が…
悲しいですけどほとんど無いです…

処分するにはまだ早い


結論として、手帳は今の時点ではリビングの卓上カレンダーに役目を奪われもはや不必要な物と化しておりますが、

春が来たらまたきっと出番がある。

私はそう睨んでいます。


二重になっている書き込み作業に正直うんざりしていますが、

忘れっぽいのだから2度でも3度でも書いて記憶する作業が必要なのだ。

試練だと思ってもうしばらく手帳への書き込みも続けようと思います。


そもそも手帳無し生活が長すぎたのです。


そして、じぃじたちにも頼りすぎているのです。
(自覚はある)


最後に

手帳、皆さんはどうでしょうか?
活用していますか?

手帳に向き合うコツなんかありましたら教えてもらえると嬉しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーー 
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子) 
どさもん(おしゃまな3歳女の子) 
ちゃぼパパ 
ちゃぼママ 
じぃじ 
ばぁば 

我が家はみんなで6人家族 


お問い合わせフォーム 
 


にほんブログ村 

http://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asiahttp://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asia

満喫!子供と行く箱根旅行

旅行

2016/12末 箱根旅行へ行きました


ばぁばの還暦祝いのプレゼントで、我が家プラス妹夫婦と一緒に
賑やかな旅行となりました。

今回は3世代楽しむ箱根旅行レビューです。


まず向かったのは『箱根湯本』
今回箱根へ初めて行く人がいたので、箱根らしさを感じるために
鉄板の箱根湯本を選びました。

駅周辺ですが、私たちは車での移動です。
駐車場を事前にチェックして行きました。

www.hakoneyumoto.com
↑箱根湯本観光協会公式のHPが私は一番見やすかったです。
駅周辺の安い駐車場が地図を使って案内されているため、
「ここがダメならこっちに停められるか見に行ってみようね」と事前に計画できました。

箱根町立郷土資料館の近くの臨時駐車場を我が家は利用しました。
ここを選んで良かった事が!

ちゃぼちゃんが駐車場に着くやいなやトイレへ行きたいと言い出したのです。

駅までは距離があるため、こちらの資料館でトイレを借りることができました。
こちらの資料館、料金がかかるのにも関わらず、快くトイレを貸してくださいました。
ありがとうございました。

f:id:ryutan613:20170202221000j:plain
↑トイレ騒動後の私たち。
『あじさい橋』を渡って駅の方へ移動します。

f:id:ryutan613:20170202221031j:plain
↑箱根湯本駅
十年前より駅がきれいになっていました。

f:id:ryutan613:20170202221123j:plain
↑エレベーターもエスカレーターもあるので、
足の悪いじぃじばぁばも安心して移動できました。

デッキがあって、箱根湯本の街並みを上からも楽しめます。
湯悠デッキと言うそうです。


f:id:ryutan613:20170202221149j:plain
↑噂の箱根カフェ

アメトークの鉄道芸人さんたちが訪れているのを観て
ずっと行ってみたかった『箱根カフェ』

エレベーターで二階の湯悠デッキに上がって
まっすぐ駅側に進むと右手にカフェがあるので
迷いませんでした。

f:id:ryutan613:20170202221205j:plain
↑運よく電車が観られる席が空いていました

カフェ入り口で美味しいパンと飲み物をオーダーし、
一同は電車の見える席へ。

ちゃぼちゃんもどさもんも
特別電車が好きという訳ではありません。

それでも電車を見て喜んでくれました。

じぃじはたまご型の容器に入ったプリンを買って食べていました。
美味しそうでした…。


f:id:ryutan613:20170202221218j:plain
↑カステラ屋さんの可愛いおさる

『菊川商店』で有名なカステラ饅頭を頂きました。

カステラ饅頭を焼く機械の前はちびっ子中心に人だかりができていました。
もちろんちゃぼちゃん達も興味津々で出来上がっていく様子を見ていましたよ。
ちゃぼちゃんは機械の仕組みを一生懸命研究していました。


f:id:ryutan613:20170202221230j:plain
↑生とうふシェイク

男子チームと女子チームに分かれてランチへ。
女子チームは『デリandカフェ みつき』で食べました。

この生とうふシェイクが楽しみで!

お味は

豆腐!!!

これは好き嫌い別れそうでした。
ちなみにばぁばは一口飲んで、いらないって言いました。

甘さ控えめでヘルシーなお味です。


f:id:ryutan613:20170202221244j:plain
↑豚角煮丼

子供たちはボリューム満点の角煮丼をシェアしました。
お肉とろっとろで美味しかったです。

f:id:ryutan613:20170202221317j:plain
↑メンチカツバーガー

私は妹とメンチカツバーガーをシェア。

肉団子食べているみたいなガッツリバーガーでした。


f:id:ryutan613:20170202221327j:plain
↑みつきさんのメニュー表
ラーメン食べでみたかったです。

f:id:ryutan613:20170202221404j:plain
↑寄木細工の貯金箱

『観光物産館』で男子チームと合流しトイレ休憩。
この時、物産館で寄木細工の貯金箱を買いました。

他のお土産屋さんで買うよりお安く買えると
スタッフの方がこっそり教えて下さったのです。

この貯金箱には秘密の細工がしてあって
簡単にはお金が取り出せない仕組みになっています。

旅の思い出に、
お土産にも。

折角ならちょっとお安く手に入るので
物産館へ寄るのもいいと思います。

展示物も素敵で子供たちも喜んで見て周っていました。

こちらは無料で入ることができます。

各種案内のチラシや割引券も置いてありました。


f:id:ryutan613:20170202221416j:plain
↑和雑貨の小さなお店

おみやげストリートから一本奥へ入ってさらに散策しました。
『折折』さんで妹と和雑貨を物色。
子供たちは外で待っていてくれました。
お店の中は狭くて沢山商品が置いてあるので
ちびっ子は相当大人しいタイプでないと入店危険です。
aquadina.com

f:id:ryutan613:20170202221453j:plain
↑大涌谷

www.hakoneropeway.co.jp

箱根湯本を後にして、一同で大涌谷へ移動しました。

f:id:ryutan613:20170202221503j:plain

1日目はこれで宿へと向かいました。

実は宿はちゃぼパパの勤め先関係に泊まったので簡単に身バレしそうで…。

素敵な宿でしたが、紹介は控えさせて下さい。

卓球もエアホッケーもやり放題、
カラオケは100円で2曲歌えるシステムでした。

歌って踊って笑いに包まれた夜となりました。

二日目 子供も大人も満足プラン


f:id:ryutan613:20170202222543j:plain
↑独身時代には来たことかなかった箱根園へ行きました。

ここを選んだのはじぃじばぁばチームとお子さまチームと別れて楽しめる場所だからです。

箱根園|トップページ




f:id:ryutan613:20170202222604j:plain
↑芦ノ湖

ここでまずは記念撮影をしました。
朝早かったため、まだ遊覧船乗り場が閉まっていて
私たち以外誰も撮影している人がいませんでした。

ちょうど写っている階段に立って
交代で撮影しました。

芦ノ湖をしばらく眺めていると
遊覧船が乗り場へ入ってきて
みんなで盛り上がりました。

遊覧船にも乗りたかったけれど、
今回は別の目的があったため断念。


f:id:ryutan613:20170202222610j:plain
↑動物ふれあい

子供たちが楽しみにしていたのは
『どうぶつランドだっこしてZOO!』

ふれあい どうぶつランド だっこして!ZOO!:遊ぶ|箱根園

大人 1000円
子供 800円

決してお安くはありませんが、
動物大好きなちゃぼちゃんとどさもんは入る前からワクワクでした。


f:id:ryutan613:20170202222617j:plain
↑アルパカに餌やり

えさは別料金でガチャ販売機に入っています。
動物と触れ合う様子は動画で収めたので
良い写真がありません(残念)


ちょっと怖い子はスコップを使って餌をやることができます。

ちゃぼちゃんは掌に餌を乗せて
直接食べさせられました。

沢山の子犬と戯れている時は
とっても幸せそうでした。


ここで子供たちが遊んでいるうちに、
じぃじとばぁばは『らくやき体験』をしていました。

体験する|箱根園

二人はお皿を選んでいましたが
貯金箱や花瓶、どんぶりなど沢山の種類から色を塗る陶器が選べます。

ばぁばは自分の手形と日付を入れていました。

手形なら小さな子供でも出来そうですね。


じぃじはすぐお隣の
『寄木細工体験』もしていました。

素敵なコースターを作る体験で楽しめて記念にもなるし喜んでいました。


ちゃぼちゃんはじぃじがコースターを作っているのを見て
パズルみたいで楽しそうだと思ったようです。


「ぼくもやりたい!」

というけれど、時間もかかるし子供には難易度が高くて。

お土産品のコーナーに
手作りヒコーキを作れるキットがあったので

それをじぃじの隣で作らせてもらう事に。

このヒコーキにもほんの少しですが
寄木細工部分があります。

楽しんで組み立てて、
お店のボンドも貸していただいて
完成させていました。

満足してくれたので良かったです。

お昼は『田むら銀かつ亭』

f:id:ryutan613:20170202222628j:plain

芦ノ湖から強羅へ移動して
『田むら銀かつ亭』へ豆腐かつ煮を食べに行きました。


ginkatsutei.jp

f:id:ryutan613:20170202222658j:plain
↑大人気の『豆腐かつ煮御膳』

f:id:ryutan613:20170202222714j:plain
↑見た目はボリューム満点!

でも、お豆腐だから食べるとふわふわでしつこくなく、
おかわりしたいくらいでした。


ちゃぼパパはミックスフライを注文していました。
エビがプリプリで絶品でした!

子供たちには親子丼を注文。

美味しすぎてぺろっと平らげていました。

田むら銀かつ亭さんは著名人の方が大勢来店していて
沢山のサインが店頭に飾られています。

行列に並んでいる時にそのサインをじっくり見るのも楽しいと思います。

御殿場アウトレット&時之栖

楽しかった箱根を後にしてゆっくりと帰路へ。

途中御殿場アウトレットでお買い物の後、
時之栖でお風呂に入って夕ご飯を食べる。


これが今回の旅のクライマックスでした。

f:id:ryutan613:20170202222734j:plain
↑時之栖のイルミネーション
www.tokinosumika.com
イルミネーションは
2017年は3月20日まで行われています。

f:id:ryutan613:20170202222743j:plain


イルミネーションを楽しんだ後はお風呂屋さんへ。

www.tokinosumika.com
『気楽坊』は子供たちも入浴オッケーです。
この日はとても賑やかく、
団体が多いなと思っていたら…!

「サッカー選手がいた!!」
とお風呂から出たちゃぼパパがやや興奮気味に報告してくれました。

なにかのイベントがあったらしく、
現役選手の方と肩を並べてお風呂に入ったそうです。
(すごい!)

夕ご飯を気楽坊のレストランで食べる予定でしたが、
折角だし別のレストランへ行ってみようということに。


でも、それが間違いだったのです。

どこのレストランも団体様で貸し切りか満席で。

観念して込み合っているけれど席数が多い
『御殿場高原ビール』に並ぶことにしました。

f:id:ryutan613:20170202222800j:plain
↑御殿場高原ビール

静岡地ビール 御殿場高原ビール

ちゃぼ家は時之栖に遊びに来ると毎回ここのレストランへ寄っています。
(だから本当は別のレストランで食べて見たかった…)

でも、御殿場高原ビールさんとっても好きなんです。
店内の様子も、お料理も素敵。



f:id:ryutan613:20170202222817j:plain
↑お腹ペコリンでがっつくちゃぼ家


しかし一時間近く待ちましたから、
子供たちは退屈と空腹で限界。
大人もぐったり。

ステーキを二人がかりで切り分けて飢えた子供たちへサーブ。

あれもこれも食べたいから
お料理は基本シェアしました。

f:id:ryutan613:20170202222834j:plain
↑目の前がステージだった

突然バンドが出て来て演奏が始まりました。

時間で決まっていたのか、お誕生日のお客さんが予約でいたからかはわかりませんが

座った席がたまたま目の前だったのでラッキーでした


f:id:ryutan613:20170202222841j:plain
↑正面ステージで踊るちゃぼちゃん


これについては最後に漫画で描きました。
読んでやって下さい。


f:id:ryutan613:20170202222844j:plain
↑スポーツイベント関係者のお兄さんと意気投合してバント側に立って一緒に踊ったちゃぼちゃん

若いお兄さんがちゃぼちゃんがステージで踊ったことを褒めてくれて
そのまま次の曲の時にはバンド側に一緒に行って踊ってくれました。

出会いに感謝でした。

おまけ

f:id:ryutan613:20170129195145j:plain

人前に出ることが好きなちゃぼちゃん。
この時駐在の話がはっきり決まっていなかったけれど
「もし海外で暮らすことになったらここで踊れるくらい度胸がなくっちゃ」
と思った私。

なにげないそぶりで
「踊ってみたら?」
とすすめてみると、

さっと席を立って踊りに行ったちゃぼちゃん。


この後バンドの外国人の方たち全員とハイタッチして、
意気投合したお兄さんともハイタッチして、

「今日は良い日だなぁ!」
と一言。

どうして?と聞くと

「だって、お友達が増えたから。ハイタッチしたらお友達なんだよ」



そう嬉しそうに言うちゃぼちゃんの顔を見て
きっと大丈夫だろうな、と。

この子が息子で良かったと思った夜でした。

ちなみにどさもんも前で踊りたくて、
「トトロ」を演奏してくれた時に前へ出て少し踊ったんですよ。

うちの子達は私にもばぁばにも似て出たがりさんです。


旅行の〆がステキな夜になりました。


ばぁばの還暦祝いの箱根旅行、
こうやってブログにして
また振り帰ることができる。

つくづくブログをはじめて良かったなぁと思います。

お付き合いありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーー
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族


お問い合わせフォーム

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

http://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asiahttp://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asia

育児【どさもんに手作り知育マグネットを制作しました】

ひらがなに興味が無いどさもん

3歳になり、トイトレ完了もし、春の入園を待つばかりのどさもん。

実は実は、ひらがなが全く覚えられません。

ひらがななんて、年中さんまでほっといてもいいかーって思っているのですが、

ちゃぼちゃんは2歳10ヶ月頃にはほぼマスターしていたんです。

それを覚えているものですから
じぃじが
「どさもんは教えても教えても、全然ひらがなが覚えられない」

と気にしています。


しかももしかしたら夏には海外駐在となるため、
「どさもんは外国人になっちゃう」
(日本語忘れちゃう)
と懸念し出して。


確かにちょっと、今のうちにひらがながマスター出来ていないと、
異国の地で日本語も覚えていくのは骨が折れるなぁ…。

私もそう思うようになっていました。

素敵な出会いにまた助けられました


別件で、ちゃぼちゃんの算数のケアレスミスについてTwitterでツイートした時、
一緒に竹内涼真くんを応援している若いお嬢さんがDMで連絡をくれました。

彼女は教育関係の学校へ通っているので、子供達への指導の仕方を習った事からアドバイスしてくれます。

運動の指導の仕方を今では動画を参考にする、なんて話を教えてもらった事もありました。


こうやって年齢を越えてアドバイスしてもらえること、普通の生活ではなかなかありません。

Twitterはブログの宣伝のために始めましたが、
いつの間にか竹内涼真君を本気で応援しながらブログのお知らせも個人的呟きもするというアカウントへと様変わりしました。


もし、涼真君専用アカウントだったら。

子供のケアレスミスの事なんて呟いていませんし
彼女が教育に詳しいなんて事も知らずじまいだったでしょう。

涼真君好きな子育てママだと知った上でフォローしてくれて、
ミュートせず、子供達の成長を共に見守ってくれているという…。

ここまで書いて、これは奇跡なんだわぁ…と、ため息が出ました。

そんな彼女が教えてくれたのが
「手作りひらがな知育グッズ」です。

100均で作れるあいうえおマグネット

用意するもの

  1. ホワイトボード2つ


f:id:ryutan613:20170127074747j:plain

  1. マグネットシート

f:id:ryutan613:20170127074802j:plain


で、これに

私はクリップスタジオで表を作って
(この時ワードの方がサクサク作れたのではと後悔)


f:id:ryutan613:20170127074834j:plain



f:id:ryutan613:20170127074840j:plain



ついでにイラストとか



f:id:ryutan613:20170127074849j:plain


単語も印刷できるようにして出来ました。


f:id:ryutan613:20170127074923j:plain

使い方


ひらがなをバラバラにして、同じひらがなの上に重ねていく遊び方もできますし、
イラストと単語を組み合わせて問題を作り、
その単語と同じひらがなを表から見付けて並べる遊び方もできます。


マグネット遊びって子供は好きですよね。
楽しく取り組めてしかも手軽に作れる。


素敵な知育グッズの作り方を教えて貰えて良かったです。


私はマグネットに印刷しましたが
もちろん手書きでも出来ますね。

痛恨のミス

私、ホワイトボードを一つしか買ってこなくて…。
まだ単語を見付けて並べる遊びは出来ていません。

早いうちに買い出しに行きたいです。


ちなみにホワイトボードも印刷できるマグネットシートもセリアで買いました。

マグネットシートすごく良かったです。

オリジナルマグネットを作りたいなぁ。


ほんのちょっぴりオタク活動していた頃を思い出しました。
こんなのが高校の頃に手に入っていたら色んなグッズ作れたなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族


お問い合わせフォーム

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

http://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asiahttp://amzn.asia/2uNgTLtamzn.asia

雑記【出したり引っ込めたり…】

この時決心したのに

www.chabodosa.click

この日、確かに私は今まで頼り切っていたちゃぼちゃんの事を書いた記事を

もうイヤダ。

そう思って下書きに戻しました。

全部で10記事。

全部私の正直な気持ちだったけれど、
今も尚読まれるほどの良記事とは思えず、

自分が認められないような記事を上げておいたら良くないのでは。

そう思ったからです。


でも、あんころ(id:anko511)さんの記事を読んで気持ちが揺らぎました

祝!グーグルアドセンスから初めての入金!ついでにAmazonアソシエイトからはメールでギフト

祝!グーグルアドセンスから初めての入金!ついでにAmazonアソシエイトからはメールでギフト券が届きました。 - 母として主婦として。

グーグルさんが認めてくれていた私の数少ない記事だったのに、
本当に消してしまってよかったのか。


消したことで、訪問数はだだ下がり。

誰も私のブログなんか見てくれていないという状態になってしまって。


はじめて、PV数はブログのモチベだというのを痛感しました。

鶴の一声ならぬ、隊長の一声


いつも更新を楽しみにしているブロガーの隊長さん(id:outdoor-kanazawa)が声をかけてくれました。


その後も丁寧に記事の戻し方を教えて下さって、


「タイトルや、内容を付け足してもう一度上げよう」

と決心しました。


うじうじ人間ですみません。


海外駐在の話や、ブロガーの身バレの話があれこれ頭を渦巻いて、
どうも気弱になっておりました。


またしても、ブログやTwitterに助けられました。


私にはなくてはならない場所になっています。


本当に、気を引き締めて。

突然すべて削除しなけれなならないような事にならないようにしなくては…!


ーーーーーーーーーーーーーーー
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族


お問い合わせフォーム

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

amzn.asiaamzn.asia

雑記【イラストボランティアをしました】

雑記

Twitterでの出会い

最近Twitterでの一期一会に感謝することが多いわたしです。

先日も偶然タイムラインでステキなつぶやきを見つけました。


それは、とある学校の先生が授業で使うイラストを探しているという内容でした。

すぐに「手伝いたい!」と思い連絡を取りました。

やってみたかったこと

色々なボランティアをしてみたいなぁと言う気持ちが私にはあります。

仕事にはできないけれど、ボランティアとしてならお手伝いできることが沢山ある!

そう考えています。

イラストのボランティアもその一つでした。

「どのようにデータをお渡ししたらいいのか」
「イラストのサイズはどのくらいが適当なのか」
「そのイラストに対して見合った対価はどのくらいなのか」

基本的な事が分かっていないのと、
技術面で責任持って仕事を受けられるほどではない。

イラストの仕事を受けてみたいけれどなかなか踏み出せなかったのは
レベルがまだそこまで行っていないというのが大きいです。


だけど、それをボランティアでできたらどうだろう。


自分が不慣れな事も相手に伝えられるし、
お代を頂かない分、ほんの少し責任も少なくなります。

チャレンジすることで自分が実際にイラストの仕事を受けた場合、
どのくらいのスピードで仕事をこなせるのかも知ることができるし、
相手とのやり取りの方法も学べるのでは。


そして何より今回のお相手は正に「作画をしてくれるボランティアを募集している」と
ハッキリ明記されていたので
お代を頂く気が無い私にはピッタリでした。

全部で5カット。描くうちに得たこと

イラストを5カット描く事になって描いているうちに分かったことは

  • お題がある絵の方が描きやすい
  • 集中して描く事で、学生時代どうやって描いていたのかよみがえってくる

この二点です。


普段ブログのイラストはコソコソ描いているけれど、
今回は納期があるのでコソコソ…ともいかず。

家族に打ち明けて日中集中して取り組ませてもらいました。


まだデジタルに慣れていないので時間がかかるのですが
数をこなしていくうちに
今まで使っていなかった機能を試したり、
どうしたら時短できるのかと工夫したり。


ボランティアで描かせてもらってしかも自分の勉強にもなって。

一銭にもならない仕事を引き受けるべきではない
そういう人もいるかもしれませんが、

私としては5枚ポスターを描いてコンクールに応募したような感覚なのです。

そして、描くたびに新しい発見や試みができたので

得るものがとても多かったです。

反省点

受けてみて、自分の出来なさを再確認しました。

描き直したい箇所ばかりでしたが、
納期を守ることと
「雰囲気が伝わればよいので」という言葉に甘えて
ほとんど下書きに色塗りしたような感じになってしまいました。

対価を得ないという事は、
責任が少ない。

それで自分にも甘くなってしまうということに気が付きました。

今後のこと

どさもんが幼稚園に入園して落ち着いてきたら、
イラストの仕事を受けられるサイトに登録しようかなと思っていました。

でも、もう少し考えたいなと気持ちが変わりました。

まずは色々描きまくって練習する時間を設けたいと思っています。


と言いつつ、実はブログ仲間からイラストの依頼を受けているので
その依頼に全力で取り組むことになりそうです。


最後に。



ゆず姉さま、本当にありがとうございました。

ゆず姉さまは中学の通級学級で先生をしておられます。
子供たちのために、日々工夫されて授業を行っていて、ツイートを拝見しているととても勉強になります。

少しの工夫と手助けで、グングン学習面が成長する。

それは、普通級の子も同じことだなぁと、ゆず姉さんのツイートにはいつも気づきを得られます。

お渡ししたイラストで気に入っているカットを紹介します。

こんな絵を学生の頃沢山描いたなぁ。


f:id:ryutan613:20170121075050j:plain



ーーーーーーーーーーーーーーー
ちゃぼちゃん(年長5歳男の子)
どさもん(おしゃまな3歳女の子)
ちゃぼパパ
ちゃぼママ
じぃじ
ばぁば

我が家はみんなで6人家族


お問い合わせフォーム

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




amzn.asia

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

スポンサーリンク